1. ホーム
  2. 事務、店舗用品
  3. OA機器
  4. ビジネスフォン
  5. Ω XI1 3970 保証有 19年製 岩通 Frespec フレスペック マルチゾーンコードレスアンテナ DC-BS7 (増設用) ・祝10000!取引突破!!
最大77%OFFクーポン SALE 84%OFF Ω XI1 3970 保証有 19年製 岩通 Frespec フレスペック マルチゾーンコードレスアンテナ DC-BS7 増設用 祝10000 取引突破 morrison-prowse.com morrison-prowse.com

Ω XI1 3970 保証有 19年製 岩通 Frespec フレスペック マルチゾーンコードレスアンテナ DC-BS7 (増設用) ・祝10000!取引突破!!

19500円

Ω XI1 3970 保証有 19年製 岩通 Frespec フレスペック マルチゾーンコードレスアンテナ DC-BS7 (増設用) ・祝10000!取引突破!!


商品内容

●内容

◇ DC-BS7 ×1

岩通 Frespec フレスペック マルチゾーンコードレスアンテナ 増設用 19年製



●商品の状態ランク 【 エ 】

[ア] 新品  [イ] 未使用品  [ウ] 美品  [エ] キレイ (ほぼ美品)  [オ] キレイメ (欠点がわずか) 

[カ] 普通  [キ] 欠点がやや気になる  [ク] 欠点がかなり気になる  [ケ] 使用感最大  [コ] ジャンク




●補足説明

中古品の為、細かい傷・落ちない汚れはご了承下さい。

経年変化により新品と比較して材質の色味変化がございます。

裏面に修正テープが使用されています。

壁掛けは付属いたしません。

現状でのお渡しとなります。



写真をご覧いただく環境によって機器の色味に若干の差が出ます事を予めご了承ください。

中古品となりますので経年変化で日焼けの色味が強くなる場合がございますので予めご了承ください。

写真に写るものが全てとなります。付属品は写真にてご確認ください。

お手数ですが一番最後までお読みいただきご理解いただいた上でご入札ください。




●出品担当者

μ2022/03/29 徳永 Y


ご入札いただく前に

■初期不良保証について■

 下記保証期間内は初期不良が見受けられる場合に限り、同等品との交換を承ります。

 ※同等品との交換が不可能な場合は御返金となります。

 商品単価9,999円(税別)以下の商品は御納品から7日間

 商品単価10,000円(税別)以上の商品は御納品から30日間

 基本的にメーカー保証は対象外となりますため御注意ください。

 ※ノークレーム・ノーリターン表記のある商品、また中古バッテリー商品につきましては
  保証の対象外となります。




■領収書について■

 特定のお支払い方法に限り領収書の発行(商品と同梱あるいは御郵送)も承っております。

 ※商品代引きでのお支払い方法の場合は、代金支払い時に運送会社より発行される控えが
  領収書となります。


■発送する商品、また商品の付属品について■

 商品は写真にあるものが全てとなります。写真に無い商品は御案内できません。

 商品は社内にて消毒・清掃された上での御案内となります。


■電話工事について■

 ビジネスフォン製品には専門の工事人による電話工事・設定が必須です。


■お客様都合でのキャンセルについて■

 〇当社では以下の2点に当てはまる場合、お客様都合によるキャンセル(御返品)が
  可能です。

  ・新品/未使用品/ジャンク品扱いでの出品ではない事

  ・商品到着後、7日間以内に返品希望の連絡をいただいている事


 〇かかる費用について

  ・落札金額(税込)の20%(5,000円以下の場合は一律1,100円とさせていただきます。)

  ・返品時にかかる送料、および手数料は落札者様ご負担とさせていただきます。


 〇返品に関しましては連絡後7日間以内に発送をお願いいたします。

 〇返金に関しましてはトラブル防止の為、商品受取後に行わせていただきます。

 〇返金時の手数料は落札者様ご負担とさせていただきます。

 
 ☆御入札時に間違いが無いように商品は確認をしてからのご入札お願いいたします。

 御落札から5日間以内に御決済、あるいは御連絡をいただけない場合はお客様都合での
 キャンセルとさせていただきます。



■営業時間のご案内■

営業時間 = 10:00~17:00

定休日 = 土曜/日曜/祝祭日/その他冬季/夏季/ゴールデンウィーク休業/その他臨時休業有

電話担当者:大竹 045-444-0701

トータルトレンドのホームページ

※営業時間外及び休業日の電話・メール対応はできません。あらかじめにご了承ください。





Ω XI1 3970 保証有 19年製 岩通 Frespec フレスペック マルチゾーンコードレスアンテナ DC-BS7 (増設用) ・祝10000!取引突破!!

グレープ ベストアルバム ピアノ弾き語り さだまさしまだ科学で解けない13の謎 マイケルブルックス即決・送料無料◆送料無料◆ 音楽史の休日 続 武川寛海 著 音楽之友社 昭和51年発行 見落とされたエピソードダイソン Dyson 純正 コンビネーションツール中古 アイカツ ポイズンアップルワンショルダー 15 02-32 Nトルーマン・カポーティ「冷血」初版 龍口直太朗訳 新潮社● 送料無料 ! 密偵ファルコ 全17巻 リンゼイ・デイヴィス 光文社文庫 匿名配送 ●■ NTT αB1 24ボタンアナログ停電電話機  (1)■NUX Amp AcademyEMC CX4 SP 用 電源ケーブルセットSONY ソニー カセットコーダー TCS-450 ★ジャンクM283 必需品!プロのL2懐中電灯屋外使用高光Mulfuntion懐中電灯LEDトーチUSB充電と18650バッテリーの有Facebookでお客様をどんどん増やす本パワーLED 1W 青色 KD-JP1W-B 50個家庭用油絞り器 電動油しぼり機 搾油機現状品 Nikon 1 V1 ミラーレス 一眼レフカメラ ボディ 1マウント ニコン レンズVHS ビデオテープ プレミアムカーコレクション メルセデス ベンツ 300SL MERCEDES BENZ IVC AD-07 三本和彦 ガルウィングドア 非DVDザイエローモンキー SMILE THE YELLOW MONKEY イエモン バンドスコアn▲ わたしたちの新潟市 学習書 新潟市小学校教育研究協議会 社会科研究部編 昭和56年発行 新潟県  P38外

トップに表示

【アメリカ】Ceres、低所得者向け地域再投資法に意見書提出。地域金融に気候変動レジリエンスと人種平等の観点強化

このコンテンツはアクセス制限されています。会員の方はログインしてください。新規会員の方は登録を行ってください。

【シンガポール】政府、同国初グリーンボンド国債発行。最大3.4兆円。地下鉄インフラ整備等

 シンガポール通貨監督庁(MAS)は8月1日、2030年までに同国初のグリーンボンド国債を最大350億シンガポールドル(約3.4兆円)発行すると発表した。資金使途は、同国地下鉄(MRT)ジュロン・リージョン・ライン及びクロスアイランド・ライン等のインフラ整備。  同グリーンボンドの年限は30年または50年。最低発行額は約15億シンガポールドル(約1,470億円)。主幹事は、ドイツ銀行、HSBC、スタンダードチャータード、DBS、OCBC(華僑銀行)。  同庁は、6月にグリーンボンド・フレームワークを発表。セカンドオピニオンはサステイナリティクス(Sustainalytics)。国際資本市場協会(ICMA)グリーンボンド原則(GBP)2021と、ASEANグリーンボンド基準2018の2つを使った。  今回の起債は、 2021年2月発表の同国環境戦略「シンガポール・グリーンプラン2030」の一...

【イギリス】政府、AI監督6原則を提示。規制方針を明確化し産業育成を加速

このコンテンツはアクセス制限されています。会員の方はログインしてください。新規会員の方は登録を行ってください。

【日本】経産省、「責任あるサプライチェーンにおける人権尊重のためのガイドライン」原案公表

このコンテンツはアクセス制限されています。会員の方はログインしてください。新規会員の方は登録を行ってください。

【ロシア】大統領、サハリン1含む重要企業の株式売却禁止。サハリン2では日本の官民を揺さぶり

このコンテンツはアクセス制限されています。会員の方はログインしてください。新規会員の方は登録を行ってください。

News

【アメリカ】Ceres、低所得者向け地域再投資法に意見書提出。地域金融に気候変動レジリエンスと人種平等の観点強化

2022/08/10 最新ニュース

 米ESG投資推進NGOのCeresは8月5日、連邦準備理事会(FRB)、連邦預金保険公社、米財務省通貨監督庁(OCC)に対し、地域再投資法(CRA)の改正で意見書を提出した。人種平等を明示的に組み込み、重要な環境・気候に関する条項の強化を求めた。  今回の発表は、 (さらに…)

» 続きを読む

【シンガポール】政府、同国初グリーンボンド国債発行。最大3.4兆円。地下鉄インフラ整備等

2022/08/10 最新ニュース

 シンガポール通貨監督庁(MAS)は8月1日、2030年までに同国初のグリーンボンド国債を最大350億シンガポールドル(約3.4兆円)発行すると発表した。資金使途は、同国地下鉄(MRT)ジュロン・リージョン・ライン及びクロスアイランド・ライン等のインフラ整備。  同グリーンボンドの年限は30年または50年。最低発行額は約15億シンガポールドル(約1,470億円)。主幹事は、ドイツ銀行、HSBC、スタンダードチャータード、DBS、OCB [...]

» 続きを読む

【イギリス】政府、AI監督6原則を提示。規制方針を明確化し産業育成を加速

2022/08/09 最新ニュース

 英デジタル・文化・メディア・スポーツ省は7月18日、独立行政機関の通信規制庁(Ofcom)や競争市場庁(CMA)等の規制当局に適用されるAI監督6原則を提示した。英国では、データ保護・デジタル情報法案が国会に提出されており、プライバシーと個人情報保護を高い水準で維持しながら、英国の産業競争力を高める。  今回示した原則は、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】経産省、「責任あるサプライチェーンにおける人権尊重のためのガイドライン」原案公表

2022/08/09 最新ニュース

 経済産業省は8月8日、「責任あるサプライチェーンにおける人権尊重のためのガイドライン(案)」を公表。パブリックコメントの募集を開始した。締切は8月29日までと期間は短い。国際労働機関(ILO)も報じた。  同ガイドラインは、 (さらに…)

» 続きを読む

【ロシア】大統領、サハリン1含む重要企業の株式売却禁止。サハリン2では日本の官民を揺さぶり

2022/08/09 最新ニュース

 ロシアのプーチン大統領は8月5日、「非友好国」の投資家が、主要なエネルギープロジェクトや資源開発、戦略的企業、銀行の株式を売却することを年末まで禁止する大統領令に署名した。日本の官民が出資している石油・ガス開発プロジェクト「サハリン1」も対象。  今回の大統領令は、 (さらに…)

» 続きを読む

【韓国】芸能大手JYPエンターテインメント、再エネ100%転換、女性取締役25%等達成。ESGリーダー目指す

2022/08/09 最新ニュース

 韓国芸能事務所大手JYPエンターテインメントは8月3日、同社初のESGレポートを公表。同社創業者兼取締役CCO(クリエイティブ総括責任者)のパク・ジニョン(J.Y.Park)氏は同日公開のYouTube上でプレゼンテーションを行い、同社スローガンの「LEADER IN ENTERTAINMENT」の一環として、「Leader of Change」を標榜。地球・社会・人の変革でリーダーを目指すと語った。  JYPエンターテインメントは [...]

» 続きを読む

【アメリカ】上院、インフレ抑制法案を可決。再エネ・EV促進で50兆円。自社株買い課税も

2022/08/08 最新ニュース

 米連邦上院は8月7日、インフレ抑制法案を賛成51、反対50の僅差で可決した。今後連邦下院での審議に入る。同法案は、再生可能エネルギーへの投資拡大と医療費支援で合計4,330億米ドル(約59兆円)の予算を盛り込んでいる。  同法案は、バイデン政権の目玉政策の一つ。しかし、1年前に打ち出された同法案の対象範囲について与党民主党の内部でも議論が紛糾した。同日の採決でも民主党議員は全員賛成、共和党議員は全員反対で50対50になり、最後は上院 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】VISAとマスターカード、Pornhub運営MindGeekとのカード決済中止。米裁判所判断受け

2022/08/08 最新ニュース

 カリフォルニア州中部地区連邦地方裁判所は7月29日、VISAとマスターカードが被告になっている児童ポルノ訴訟で、VISAの訴訟棄却申立を却下する決定を下した。これにより同裁判所でVISAとマスターカードの責任が審理されることとなった。VISAとマスターカードは8月4日、ポルノサイトPornhubとその親会社MindGeekの広告部門トラフィックジャンキーでのカード決済を停止すると発表した。  今回の訴訟の原告は、 (さらに&hell [...]

» 続きを読む

【日本】日立造船、会津大沼風力発電事業を中止。貴重な生態系破壊と地元反発

2022/08/08 最新ニュース

 日立造船は8月4日、福島県昭和村、南会津町、会津美里町、下郷町で検討を進めていた国内最大級の陸上風力発電事業「会津大沼風力発電事業(仮称)」を中止すると発表した。完成すれば設備容量183MWで日本最大級だったが、貴重な生態系を破壊すると地元のからの強い反発に会っていた。  同事業は、国有林で大型上風力発電所建設を計画。計画検討エリアには、林野庁設定の「会津山地緑の回廊」や、国指定天然記念物の駒止湿原、博士山鳥獣保護区、駒止湿原鳥獣保 [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】コールズとブリュードッグ、カーボンネガティブ・ビール共同開発。売れ残りパン活用

2022/08/08 最新ニュース

 小売大手豪コールズと英スコットランドのクラフトビール醸造ブリュードッグのオーストラリア法人は7月28日、コールズ小売店舗で売れ残ったパンを活用したオーストラリア産のカーボンネガティブ・ビール「ロスト・ラガ」を共同開発したと発表した。  ブリュードッグは、 (さらに…)

» 続きを読む

【アイルランド】BASFと製麦大手ボアトマルト、大麦農家の炭素貯留農法で連携。クレジット創出

2022/08/08 最新ニュース

 独化学大手BASFは8月3日、アイルランド製麦大手ボアトマルトとともに、大麦農家の二酸化炭素排出量をマイナスにするパイロットプログラムを発表した。土壌炭素貯留でのカーボンクレジットを創出し、大麦農家の新たな収益源にする。大麦での同様のアクションは世界初。  両社は今回、 (さらに…)

» 続きを読む

Case

【対談】明治安田生命とJRTT、CBI認証サステナビリティ債に係るエンゲージメント ~発行体と投資家の狙い~

2022/03/18 事例を見る

 独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(JRTT)は2月、CBI認証付きサステナビリティボンドを合計180億円発行した。年限は5年と10年。格付はR&IでAA+、ムーディーズでA1。JRTTは、2019年5月から四半期毎にサステナビリティボンドを継続発行しており、2021年度は総額820億円の大規模調達となった。  資金使途は、鉄道建設プロジェクトのリファイナンス。このプロジェクトでは、自動車と比べ、輸送量あたりの二酸化炭素排出量の小さい鉄道で、グリーン性を追求。加えて、輸送網拡充に伴う移動時間の短縮化で、目的地での [...]

» 続きを読む

【インタビュー】味の素グループは、なぜサステナビリティボンドで資金を調達したのか?

2021/12/25 事例を見る
» 続きを読む

【対談】東京都が国内自治体初のソーシャルボンド300億円発行 ~発行の意義と得られた成果~

2021/09/02 事例を見る
» 続きを読む

Study

【レポーティング】サイバーセキュリティのモニタリングとKPI設定 〜14の指標紹介〜

2022/04/17 体系的に学ぶ

 サイバーセキュリティは、ESGの要素の一つとして、近年、株主からの関心が高まっている分野。政府による規制や、取締役会での監督も重要になってきている。また、最高情報セキュリティ責任者(CISO)や最高情報責任者(CIO)は、サイバーセキュリティのリスクを管理し、個人を特定できる情報(PII)を保護する責務を負うようになってきている。  サイバセキュリティーに関しては、各国では法規制も整備されてきており、米グラム・リーチ・ブライリー法、 [...]

» 続きを読む

【ランキング】2022年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能な企業100社」

2022/01/19 体系的に学ぶ

 毎年1月が恒例の世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)は、新型コロナウイルス・パンデミックの影響により、2022年も2年連続で延期が決定。夏の開催が検討されている。  毎年のダボス会議の目玉のひとつは、サステナビリティの観点で世界各国の企業を評価する「Global 100 Most Sustainable Corporations in the World (Global 100 Index)」のセッション。ここで発表 [...]

» 続きを読む

【環境】2021年の世界CDP Aリスト企業一覧 〜気候変動・ウォーター・フォレストの3分野〜

 環境情報開示を推進する国際NGOのCDPは12月7日、「気候変動」「ウォーター(水)」「フォレスト(森林)」の3分野での2021年度Aリスト入り企業を公表した。CDP気候変動では、今回272社がAスコアを取得。昨年の270社から2社増えた。3分野全てでAリスト入りした企業も世界で14社と過去最多となった。  3分野の国別A取得社数は、日本が55社で首位。米国29社、フランス22社、英国14社、ドイツ12社と続く。日本企業でAリスト入 [...]

» 続きを読む

【戦略】波紋広がる中国・習近平総書記の「共同富裕」政策 〜思想の背景とその影響〜

2021/09/23 体系的に学ぶ

 習近平中国共産党中央委員会総書記が8月17日に中国共産党中央財経委員会での演説の中で提唱した「共同富裕」政策。その後、中国の大手企業も相次いで呼応する声明を出したことが大きな波紋を呼んでいる。「共同富裕」とは何かをあらためてみていこう。 「共同富裕」とは?  「共同富裕」とは、もともとは、1950年代に毛沢東氏が社会平和を目指して揚げたスローガン。しかし、その後、第2世代最高指導者の鄧小平氏は、一部の人が先に金持ちになれるような経済 [...]

» 続きを読む

【金融】世界と日本のESG投資「GSIR 2020」の統計。世界のESG投資割合は35.9%に伸長

2021/07/15 体系的に学ぶ

 世界のESG投資額の統計を集計している国際団体のGSIA(Global Sustainable Investment Alliance)は7月14日、ESG投資の統計報告書「Global Sustainable Investment Review(GSIR)」の2020年版統計を発表した。GSIAは、同報告書を2年に一度発行しているが、2020年統計の発表は2021年に遅延した。  GSIAには現在、世界各地域のESG投資協会7団体 [...]

★日LP ベーム 指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 モーツアルト序曲集 帯付★

【金融】グリーンシル問題とは何だったのか?〜サプライチェーン・ファイナンスの事の顛末〜

2021/07/01 体系的に学ぶ

 ロンドンを拠点とする金融会社グリーンシル・キャピタルが3月8日、裁判所に経営破綻を申請した。同社は、サプライチェーンでの決済を融通するサービス「サプライチェーン・ファイナンス」の世界最大手のひとつだったが、「深刻な財政難」に陥って崩壊した。この問題は一体どのように始まり、そしてどのような影響をもたらしているのか。 グリーンシル・キャピタルとは  グリーンシル・キャピタル(以下グリーンシル)は、オーストラリア人金融家のレックス・グリー [...]

» 続きを読む

Action

【無料ウェビナー】Morningstar/Ibbotson主催、EUアクションプラン・ウェビナー日本語字幕オンデマンド配信のご案内

2022/07/27 行動する

 SFDRやEUタクソノミーなどの規制については、2021年より欧州の機関投資家は対応を始めております。しかし、欧州以外を拠点にしている機関投資家はどのように対応するべきか、ということにご関心のある方は多いのではないかと思います。  今回のウェビナーでは、SFDRなどの規制に対しての実際の欧州投資家の対応事例、Article8/9をどう分類しているかなどにも焦点をあて、これらの規制がアジア・ベースの運用機関にもたらす機会と影響について [...]

» 続きを読む

【7/21:無料ウェビナー】USSEC主催、日経BP総合研究所共催シンポジウム「大豆が拓く持続可能な未来・Soy Food and Sustainable Future」

2022/07/01 行動する

 食のサステナビリティに対する社会的な関心が高まる中、プラントベース(植物由来)の食素材としての大豆に世界的な注目が集まるようになりました。同時に、大豆は、地球上の持続可能な食糧システムのバランスや人々の健康にも貢献する「プラネタリーヘルス・ダイエット」の観点からもあらためて大きな関心が高まっています。  日本の大豆食品の原料大豆の7割を占めるアメリカ大豆は、「サステナブル調達」がビジネスの前提となっている欧州と連携して、サステナビリ [...]

» 続きを読む

【8/22:ウェビナー】BSI、カーボンニュートラル(PAS 2060)概要解説・規格解説研修開催

2022/06/15 行動する

 PAS 2060「Specification for the demonstration of carbon neutrality」は、カーボンニュートラルを実現し、実証するために制定された規格です。PAS 2060検証により、温室効果ガスの排出量を管理および削減するための取組みにおいて、信頼を維持するのに役立ち、また、組織の種類を問わず適用することができます。  PASの策定や、ISO認証・審査・トレーニングを行っているBSI ( [...]

» 続きを読む

【オンデマンド動画】ESGウェビナー: 初めての第三者保証にどう取り組むか(参加無料・要事前登録)

2022/06/08 行動する

 国際的な認証機関であるLRQAリミテッドは、初めての第三者保証にどう取り組むかを紹介するESG無料ウェビナーを開催します。  ESG投資の流れを受けて、国際的にビジネスを行う企業にとって、気候変動や人権問題などサステナビリティへの取り組みとその情報開示が求められています。ESG情報に対しては法的な監査義務はありませんが、投資家や取引先は開示された情報の信頼性や比較可能性を重要視しています。そのため、自主的に第三者機関からの保証を取得 [...]

» 続きを読む

【6/23:無料ウェビナー】LRQA セカンドキャリアを考える ― 審査員・検証人という選択肢(参加無料・要事前登録)

2022/05/31 行動する

 国際的な認証機関であるLRQAリミテッドは、主に第2キャリアとしてESG検証人・ISO審査員に興味がある方向けに実際の仕事内容を紹介する無料ウェビナーを6/23に開催します。  なぜ審査・検証機関で仕事をするようになったのか、検証人・審査員や講師になって大変と思うこと、素晴らしいと感じることについて、ESG検証人とISO審査員・講師が率直にお話をします。  無料でご参加いただけますので、少しでもご関心のある方は是非ご参加ください。 [...]

» 続きを読む

【5/24, 25: フォーラム】RI Japan 2022「世界で急速に進化するサステナブルファイナンスと日本の今」

2022/04/03 行動する

 今や世界的なメインストリームとなったサステナブルファイナンスの中で、日本の機関投資家、金融関係者はどうプレゼンスを確保していくことができるでしょうか。  2022年会議では、国内外のオピニオン・リーダーが集結し、新しい時代の資本主義のありうべき実像を視野に、喫緊の理論的・実務的課題を討議します。  400以上の団体から参加する金融プロフェッショナルと、規制・政策と市場の動向、責任投資のベスト・プラクティスについて議論し、日本の持続可 [...]

» 続きを読む

Links